完璧主義者はうつ病予備軍

システムエンジニアのストレスは、多々あると思いますが、その中には製品を完璧に仕上げなければという強い思い込みにも似たような強迫観念が存在しているはずです。
製品を完璧にと言うのは、バグやエラーが発生しないようにというところだと思います。
こういった所から、多くのシステムエンジニアの方は完璧主義に徹する傾向があります。勿論それは悪いことではないですし、製品を完璧に仕上げるのは、エンジニアとしてはもっともな考え方だと思います。

しかしながら、あまりにも完璧主義過ぎると「うつ病」の危険性もそれだけ高まってきますし、やり場のないストレスは、いつかどこかで爆発してしまいます。
うつ病になりやすい人には、理系で完璧主義の人と言う研究報告が上げられています。
システムエンジニアには、この条件に当てはまる人も多いのではないでしょうか。もっとも、これはあくまでも統計ですので、自分がそうだからといってかならずしもそうなるというわけではありません。
それを気負いすぎるだけでも、ストレスになりますので、知識としてだけ入れておけばいいのです。

もしも、仕事に対して完璧主義な人は、家での生活をずぼらにすることをオススメします。
そうすることで、仕事とのバランスが取れます。こういったちょっとした事で、うつ病の対策とすることが出来るのです。もっと言ってしまえば、日常生活を「当たり前」だと思わずに、こんなことしちゃっていいのかな?でもやっちゃうくらいの気持ちで生活を送ると、ストレスに対してあまり考えこまずに生きることが出来ます。完璧主義の人でも、ときどきずぼらに生きてみると、それだけ危険性は下がっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です