ストレスを解消するために

システムエンジニアはストレスの多い仕事と言われます。
それは、製品に対する品質であったり、納期の期限であったりと、ストレスを抱える要因は割りと日常生活のどこそこへ隠れ潜んでいるものなのです。
そして、システムエンジニアにかぎらず、ストレスを抱えているのは現代人の多くの人がそうなのです。そもそも、ストレスを感じるというのは、悪いことではないのです。今でこそ、団塊の世代と呼ばれる人たちにとっては、ストレスは一種の興奮剤のようなもので、そのため会社の上役からは、根気が足りないなどと言われてしまい、それが新しいストレスになってしまうことにもなっています。

しかしながら、人間はストレスがないと生きていけない生物なのです。
ストレスはいわば生きるために必要不可欠な要素と言っても過言ではありません。それが自分ではコントロール出来ないまで溜まってしまうので、色々な不具合が出ることにつながるのです。
多くの人はストレス=悪いものという判断で生きていますが、そうではなくてストレスはあっていいものだという認識をまずは持たなければなりません。

そして、そのストレスに対して、絶対に負けてやるもんかという意地を持つことで、人間は想像以上の能力を発揮することが出来ます。
これがストレスをコントロールするということなのです。しかしながら、それが出来る人は、なかなか居ません。ストレスはドンドン溜まっていくばかりですが、それをどこかで発散していかなければなりません。どうやって発散をしていけばいいのかというのは、ひとによって様々です。

ただ共通しているのは、自分の楽しいと思うことをするということです。一般的なのは、美味しいものを食べる、ゲームをする、カラオケに行くなどの方法が挙げられています。
私が一番オススメなのは、運動をするということです。上手くストレスをコントロールすることで、自分の目標に大きく近づくことが出来ます。
ストレスを悪いものと思わず、すこし楽観的になって考えていくことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です